京革屋の公式サイト

KYOKAWAYA

kyokawaya.com

京革屋について

京都の革工房、京革屋の中 宏和と申します。私はサラリーマンとして機械工をしながら2005年から自分が使用するための革小物を趣味で作りはじめ、技術を磨きながら2009年6月に現在のレザークラフトショップ、レザーマニアのオーナーである村川氏に弟子入りし、革の事を学び2009年9月頃に京革屋と言う屋号で革工房を立ち上げました。またその頃からシェリダンスタイルカービングに興味を持ち、やがてシェリダンスタイルから独自のカービングスタイルを確立され、現在もアメリカ、テキサス州でサドル職人として活躍されているDavid Kawamura氏から図案の描き方やカービング手法を学びながら、自分自身のスタイルを確立出来るよう日々革の仕事に取り組んでいます。また近年は帆布や革を使ったカバンつくりにも力を入れています。そしてこの度、2020年2月より工房を亀岡市の自宅工房からJR京都駅近くに移し、ショップも兼ねたクラフト教室を始める事となりました。教室では手縫い、ミシン縫い、そしてレザーカービングを楽しみながら学んで頂けるよう準備をしていますので、お気軽に受講して頂ければと思います。

 

手縫い教室ご予約ページはこちらから

手縫い教室ではコインケースやキーケース、ブックカバーなどの革小物を1日の受講でワンアイテムが完成出来るように準備しています。
ご費用は材料込み5,000円を目安に完成度の高いアイテムをお持ち帰り頂けるようご指導致しますので、ご自分用は勿論、プレゼントとしても喜んで頂ける作品に仕上がる事と思いますので安心して受講して頂ければと思います。

詳細を確認する

ミシン縫い教室

ミシン縫い教室では、工業用ミシンを使って、まず一作目として、トートバッグを制作して頂きます。

工房には本縫い用ミシン2台、布用ミシン1台、腕ミシン1台がありますがコンピューター制御のミシンを使って頂きますので、初心者の方でも直ぐに慣れてバッグ作りを楽しんで頂ける事と思いますので、安心して受講してください。

詳細を確認する

カービング教室

カービング教室では、先ずはカービング専用のスーベルナイフの使い方からご指導します。カービングはこのスーベルナイフのナイフコントロールが大変重要でスムーズなカットが出来るようご指導しますので安心して受講してください。受講される方のレベルに合わせて教室を進めさせて頂き、カットに慣れて来られた事を見極めさせて頂いた上で作品作りへと移行させて頂きますので根気よく受講いただく事が上達の秘訣ですので諦めず気長に受講される事をお勧め致します。

詳細を確認する